ページトップへ
今日の先生ブログ
2018.6.2

ブルーベースさんのベージュリップの選び方

パーソナルメイクアドバイザー

大辻由美子です。

 

今日は私のブログ記事でよく読まれている

ブルーベースさんのベーシュリップの選び方

ついてご紹介したいと思います。

 

ベージュリップって、

なんとなくイエローベースさん向けかと

思われている方も多いと思います。

 

ベージュといってもいろんな色があるので、

ブルーベースの方がお似合いになる色が

ありますよ💄

 

ポイントはこの2つです。

 

① 赤みのあるベーシュを選ぶ

 

ピンクベーシュローズベーシュといった、

赤みを感じるベージュを選びましょう。

オレンジやレンガ系に振れないように

注意してくださいね。

 

② ゴールド系のラメ入りは避ける

 

ベースの色が肌に合う色だとしても、

ラメがゴールドやブロンズ、オレンジだと

光が当たると肌から浮いて派手に見えたり

くすんで見えたりするので、

ラメ入りのものは必ず色をチェックしてください。

 

 

ブルーベースの方が黄みの強い

ベーシュのリップを付けられると、

血色が悪く疲れて見えたり

肌がくすんで見えることもありますので、

上記のポイントをチェックしてみてくださいね!

 

私のおススメはこちらです。

 

ランコム ラプソリュルージュ C102

 

色としてはローズに近いですが、

塗るとベーシュっぽく見えます。

これぐらい赤みのある方が

血色よく肌が美しく見えますよ。

 

コスメ同行ショッピングでご紹介すると

購入される方の多い、人気の色です。

質感がクリーミーで自然なツヤのある

上品なリップに仕上がります。

 

ブルーベースさんも、是非ベージュリップに

挑戦してみてくださいね!

 

明日は大阪でご活躍中の、高橋さおりさんです。

 

 

大辻由美子のブログはこちらから ≫≫≫

「神戸 明石☆12タイプパーソナルカラー診断と

メイクで魅せる☆30代からの大人の洗練スタイル」

 

 Instagram やってます 

こちらをクリックしてくださいね! ≫≫≫